海外「日本のアニメ文化によって車を運転したいと思う若者が減っている説」

翻訳元



  1. スレ主

  2.  アニメ文化 = 非車脳?

     欧米でアニメや日本文化の人気が急上昇していることは、車を運転したいと思う若者が減らすだろうか?

     ハリウッドやコミックの世界とは対照的に、アニメの世界には車がほとんどない。
     おそらく日本の都市は比較的歩行者に優しいからだろう。
     ドラゴンボール、ナルト、ワンピースで車を見つけるのは難しい。

     これは長期的には良い影響を与えると思わないか?

    z001_202312021632548df.jpg

     (車アンチフォーラムへの投稿です)





  3. 海外の反応

  4.  歩きにくい郊外にずっと住んでいる子供たちは、アニメの登下校シーンをどう受け止めているのだろうと、いつも不思議に思っている。

  5. 海外の反応

  6. >>2
     私が子供の頃は「私は歩いて学校に行きたいのに、お母さんが高速道路沿いを歩かせてくれない:/」みたいな感じだった。

  7. 海外の反応

  8. >>3
     同じく。母は友達の家まで自転車で行けるし、学校まで歩いて行ける一方で、私は1キロも離れていない場所でも自転車で行くことができなかった。
     なぜなら途中の道路に歩道がなく、時速40キロの見通しの悪い道があったからだ。

  9. 海外の反応

  10. >>2
     パラダイス?

  11. 海外の反応

  12. >>5
     というより現実には叶わないファンタジーだな。なぜならアニメの中にも悪いことはあるからだ。

  13. 海外の反応

  14. >>2
     火の玉を撃ったり、悪魔を召喚したりするのと同じように受け止められる。

  15. 海外の反応

  16.  日本は電車の国だ。
     もう1年近くここに住んでいるが、システムはとんでもなくクリーンで信頼できる。
     しかしそれだけでなく、日本では鉄道は大きな意味を持つ。私は定期的に、鉄道を撮影するためだけに来たカメラを持った人々に出会う。
     地元のゲームセンターには「電車でGO」という電車シミュレーターゲームすらある!

     https://en.wikipedia.org/wiki/Densha_de_Go

     日本の電車は国の誇りだ。母国のオランダにも同じものあれば良いのにと思うよ。
     残念ながらオランダでは電車は貧乏人への施しだと思われており、汚い場所だと思われている。(特にトイレは)

  17. 海外の反応

  18. >>8
     鉄道は日本の血管だからな。

  19. 海外の反応

  20. >>8
     これは日本全体に適用されるのか、それとも首都圏だけに適用されるのか?





  21. 海外の反応

  22. >>10
     日本は人里離れた場所でも駅があるよ。

  23. 海外の反応

  24.  いや、人々は車のない場所へ旅行してそれを気に入るが、帰国したらまた同じライフスタイルに戻る。

  25. 海外の反応

  26. >>12
     一番面白く思うのはアメリカでなぜかクルーズ船が人気なことだ。
     あれは基本的に車のない15分で回れる街だ。
     レストランにもクラブにも歩いていける。
     しかしなぜか実際の都市にはそれを求めない。

  27. 海外の反応

  28. >>12
     若い10代はどうだろうか?彼らは大人の監視なしにどこにも行くことができない。

  29. 海外の反応

  30. >>12
     これだな。所詮は非現実でしか無い。
     フロリダのディズニーランドに行って、素晴らしい歩行者環境を体験し、地元に戻ると街をもっと歩きやすくする案に反対する。

  31. 海外の反応

  32.  Z世代やアルファ世代が歩きやすさや車文化について非常に意識的であることは知っているが、それよりもスプロール化や車文化が地球に与える影響についての意識の方が強いと思う。

  33. 海外の反応

  34.  車嫌いのウィーブとしてはイエスと言いたいところだが、それはあり得ないと思う。
     西部劇やSF映画の多くも、車のない(ような)都市を描いているが、役に立ってはいない。

  35. 海外の反応

  36.  私はスタジオジブリの映画を子供たちと一緒に見たけど、どの映画でも子供たちが自転車に乗って移動しているのが大好きだ。そして向こうの子どもたちはとても自立していると感じる。

  37. 海外の反応

  38.  DBZでチチが悟空に運転を習う必要があると要求し(運転よりもはるかに速く飛ぶことができるにもかかわらず)、ピッコロが「変装」をして二人とも免許を取ろうとするエピソードが好きだわ。
     結局二人とも大失敗し、二度と運転しようとする姿は見られない。

  39. 海外の反応

  40. >>19
     その話はまじでウケるわ。





  41. 海外の反応

  42.  イニシャルDや湾岸ミッドナイトを見たことがないようだな。

  43. 海外の反応

  44.  アニメが私を変えたかどうかはわからないが、自分の足とママチャリとJRの定期券だけを持って日本で2ヶ月過ごしたことが、脱車化へと変えた。

  45. 海外の反応

  46.  まぁ日本はあまり車を必要としていないからな。









海外の反応ランキング
関連記事

コメント

ちょっと何言ってるか分からない

走り屋のアニメもあるから相殺

すぐにマッハGOGOを思いつくおっさんです、でも見た事はないけどね

MFゴースト

例に挙げてるものの選択がおかしいわ

18歳未満だから車を運転しないだけ
(例外キャラも多数いるけど)

>>ドラゴンボール、ナルト、ワンピースで車を見つけるのは難しい。

これらのアニメの世界設定が私達の暮らしている現実社会とはかけ離れてよね?
スーパーサイア人や忍者や海賊って現実社会で増えてるの?

>ドラゴンボール、ナルト、ワンピースで車を見つけるのは難しい。

時代背景や世界観を考えろや

ど田舎は車ないと詰む。
駅があっても日に数本とかな…。

車に興味持たせたいならハリウッドががんばれ
おれはボンドカーやデロリアン、バットモービルに乗りてーんだー、って言う人が増えるように

日本がというか、ヨーロッパも基本的に街文化で
アメリカだけが「車しか交通手段がない状態で、住宅地と
商店街を20km離して建築する法律に基づいて都市を作る」って
異常な社会になってるだけなんだけどな。

>ドラゴンボール、ナルト、ワンピースで車を見つけるのは難しい。
界王さまが最近の趣味はドライブじゃって言ってるシーンを思い出した

友達の家に行くのにも友達の親と学校の教師に許可取って親が送り迎えするんだろ?狂ってるわ

イニシャルDでFDカッケェってなって
ロータリー乗りになった俺が来ましたよ

EVゴリ押しで大変な事(電気代高騰&バッテリー消耗後の対処?)になっているのを日本のアニメのせいにしたいんだろうか。
中古車だって高騰して若い人が手を出せないとか。

物語シリーズですら高校生の主人公は自転車を駆使しまくってたのに大学生になったら速攻で車に切り替えてた。

ドラゴンボール、飛べない時期はブルマの操縦する車やバイクに乗ってた。
ナルトやワンピースの時代に機械文明はあるのか?地球でも車が大衆化したのはヒットラー以降。ポルシェが語る車社会の到来をフォードでさえ理解しなかった。そこまで普及はしない。富裕層の趣味ぐらいでしょうと。
暴走トラックならよく出てくるし、日常系なら「お姉ちゃんに送ってもらう」がよく出てくる。のんのんびより、ゆるきゃん等。

みんな頭文字Dみろよ!

ドラゴンボールは作中で悟空が免許取るためにピッコロと車運転するパートがあるけど

チー牛増やすからマンガが原因ってか?w

外国人「日本のアニメによって車を買うオタクは減るだろ(ドヤァ」
日本人「痛車見たことねえだろw」

※11
ジョージWブッシュ政権時代のアメリカに居たけど、シアトルだとそんなに車必要なかったかな
スーパーやコンビニが徒歩7分以内にあるアパート借りれたし、バスも日本と違って安かったから移動手段には困らなかった
ただカリフォルニア州に遊びに行った時はくるまないと不便だとつくづく思った
ホストファザーが説明していたけど、アメリカが車社会になったのもフォードやGMが自車を乗ってほしいから議会を金で動かして、都市計画でも車がないと生活できないような街づくりに多くのアメリカの州でなったらしい
アメリカの場合、国土が広すぎるから日本のように住宅地周辺の交通インフラを密集させるよりも、各地域に点々と人間を住ませている
そうすることで自動車業界は車は売れ続けると思っていたらしい
おまけに日本よりも免許を受けられる年齢は低いし、テストは簡単
駐車もバック駐車できないアメリカ人たくさん見たよ
なのでアメリカで新幹線や地下鉄を作ろうとすると売り上げが下がると猛反対する自動車会社や航空メーカーが出てくるのもそれ
本来ならアメリカも日本のように駅作りまくって、駅周辺にバスターミナルや商店街、繁華街を作れば車を必要としない環境になるんだけど、アメリカの場合はそれだと人々はお金を使わなくなると考えるみたい
遠出すればガソリン代もかかり、ドライブスルーで人々は食べるのでお金が循環し、景気が良くなると考えるのがアメリカ